風待草の随想録

日々の出来事を徒然に

火事

時代劇の火事のシーン。
よく家屋が燃える映像が使われますが、その映像の使い回しを発見しました。


遠山の金さん捕物帳
第53話「仕掛花火に泣く女」(1971.7.11放送)

f:id:kazemachigusa:20190310214748j:plain



銭形平次大川橋蔵版)
第888話「あヽ十手ひとすじ!! 八百八十八番大手柄 さらば我らの平次よ 永遠に」(1984.4.4本日)

f:id:kazemachigusa:20190301103910j:plain


毎回、毎回、セットを燃やす必要はないですから一度撮ったものを使い回すのは当たり前ですが、同じものを見つけたときの喜びは大きかったです。

遠山の金さん捕物帳の映像も以前の映像を使い回した可能性もあるので、まだまだ検証が必要そうです。
まぁ、こんな事に注目しているのも私くらいなのでしょうが…。